ピッチャーをやっている人ならば、きっと殆どの方がいまよりもコントロールをよくするためには何を行ったら良いかと考えている事だと思います。それでは、ソフトボールのピッチングにおいてコントロールを良くするためには、一体どうしたらよいのでしょうか。まず覚えておいて欲しいのは、コントロールをよくするというところもは決してストライクを投げる事ではないのです。自分の思った通りのコースに、ボールを投げる事ができるという事が大切なのです。また、ソフトボールのピッチングにおいては、「ブラッシング」でコントロールが決まると言っても過言ではないのです。安定したブラッシングが出来るようになると、ボールのコントロールもよくなり、スピードも自然とあがるようになるでしょう。ただ、ブラッシングをはじめたばかりだと、当たる腕や腰が痛くなるケースが多く、このままで良いのか迷う人も出てきます。確かに、当たり過ぎのブラッシングは腕を痛める場合もあるかもしれませんねので、そっぽい場合には軽くかするぐらいに調節して下さい。この際、腕が強く当たり過ぎたり、弱く当たったり行う際には、投げるフォームも一定になっていないという事なので、まず最初にフォームを安定させるようにすることが大事ですよ。ブラッシングは慣れるに従って痛みも無くなってきますので、必ず行うようにして下さい。また、足腰が安定していないと、いくらブラッシングをしてもコントロールは良くならないでしょう。ランニングやダッシュを意識しながら練習メニューに加えて、下半身の強化に努めるようにしますー